頭痛にオステオパシー整体、高槻駅・高槻市駅から12分高槻市役所からすぐ

2019/08/04 症状別カテゴリ
頭痛

皆さんこんにちは。

あなたの痛みやお悩み、妊婦さんや赤ちゃんの専門治療まで、茨木・高槻の北摂地域でアメリカ生まれの整体、オステオパシーで治療する「オステオパシー いざなぎ」院長の東山です。

 

今日はかなり多くの人が悩まされている頭痛についてです。

最近の調査では15歳以上の約40%の人が頭痛の症状を持っているとされています。

 

目次

頭痛の症状

頭痛の原因

頭痛に対するオステオパシー治療

オステオパシー治療を受けた方の予後

 

 

・頭痛の症状

 

頭痛には大きく分けて「緊急性頭痛」と「慢性頭痛」の2つがあります。

「緊急性頭痛」は脳の病気が原因で、突然激しい痛みが起こるもので放っておくと命にかかわるとても危険なものです。

くも膜下出血、脳腫瘍、脳出血などがそれに当たります。

「緊急性頭痛」基本的にはまず病院にて診察してもらうべきものになります。

 

「慢性頭痛」は毎日や周期的に繰り返す頭痛とされていて多くの方がこの症状に悩まされています。

「慢性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」があり、「緊張型頭痛」が最も多いです。

「緊張型頭痛」は一般的に両方から締め付けられるような痛みです。痛みの程度は「片頭痛」に比べて軽いです。

「片頭痛」は女性の方が圧倒的に多く、特に30代の女性の5人に1人が片頭痛を持っているとされています。症状は片側(時に両側)が脈打つようなズキズキとした痛みがあり、吐き気を伴うこともあり、光や音に敏感になることもあります。

「群発性頭痛」は男性に多く、毎年ないし2~3年周期に1か月ほどの間、1日の間数回片目をえぐられるような激しい痛みがあります。痛みの王様と呼ばれるほどの痛みです。

 

 

・頭痛の原因

 

「緊張型頭痛」は首や肩、後頭部の筋肉が緊張することにより血流が悪くなり、老廃物がたまり神経に刺激を与えてしまい起こります。

「片頭痛」は頭の血管の周りにある三叉神経というものが刺激され、その影響で血管が拡張することで痛みを引き起こすと考えられています。

「群発性頭痛」は血管の拡張が原因とされています。

頭痛

・頭痛に対するオステオパシー治療

 

頭痛をお持ちの方に対して当院でのオステオパシーでは、頭痛の原因となっている筋肉の緊張や三叉神経に対して影響を与えているもの、身体の治癒力が働かない原因はどこにあるかなどを全身の中から見つけ出し治療し、身体を正常に持っていくことで本来の機能を発揮しやすいようにして症状を身体の力で解決していくようにしていきます。

 

同じ頭痛という症状においてもその方によって身体の状況は様々で、原因もその方によって変わってきます。

 

なぜなら、今まで全く同じように生活したり同じものを食べたりしてきたわけではないのでから。怪我が手術歴においても全くの同じの人はそうそういないはずです。

 

ですから一人一人しっかりと体の状態を見極め、原因を探し出しその方に適応した施術をしていきます。

 

 

・オステオパシー治療を受けた方の予後

 

当院にて頭痛をお持ちでご来院されて方で、長年片頭痛に悩まされていた男性がいました。その方は定期的に片頭痛が出て最終的には薬を手放せなくなっていました。

身体を色々検査し主に治療したところは、頸椎という首の骨の一番上の所でした。

その治療直後からその患者さんに「あれ以来全く痛みが出なくなりました!」と言っていただきました。

その後数回程治療には来てもらいましたが一度も痛みは出なくなっていて当院から卒業となりました。

 

別の方では、女性の方で初めは生理周期の時に頭痛を伴っていたのですが、だんだんと

生理周期の時以外にも頭痛が出てくるようになり来院されました。

その方の場合、子宮と骨盤の関係を治療する必要があり、更にそこの為に左足の関節も治療する必要がありました。

2回ほどの施術で日常的に感じるようになっていた頭痛は消え、生理周期の際に伴っていた頭痛も消えました。それに加えてつらかった生理痛もなくなったと仰っていただきました。

 

本来の機能である「治癒力」が働けば、日頃から悩まされている頭痛もきちんと治っていくことは出来るのです!

頭痛でお悩みの方是非ご相談下さい!