腰痛・ぎっくり腰・冷え性・眼精疲労・産前産後でお悩みなら

高槻で整体をお探しの方におすすめしたい、接骨院での加療をあきらめた方、いくつもの医療機関に行っても効果がなかった方に最適です。オステオパシーという、自然の力を引き出す体に負担の少ない優しい手技を施しており、赤ちゃんや妊娠中の方にも安心して施術を受けていただくことができます。
腰痛やぎっくり腰等の体の痛みから、冷え性等の体質改善や、お産のサポート、産前産後のケアまで幅広く対応しており、口コミ等でも高評価をいただいていますので、つらい症状でお悩みでしたらどうぞ気軽に相談ください。

施術者プロフィール

院長  東山 裕紀(とうやま ゆうき) 

兵庫県淡路島出身

行岡整復専門学校卒 柔道整復師

平成14年 ナカムラ接骨院(長岡京市)にて勤務

平成20年 はば整骨院西冠院(高槻市)の院長として勤務

平成25年 いざなぎ整骨院Osteopathy Izanagiを開業 

令和元年 オステオパシーいざなぎに名称を変更

日本オステオパシープロフェッショナル協会(JOPA)会員

日本オステオパシープロッフェショナル協会  講師

The Dallas Osteopathic Study Group

ダラス・オステオパシー研究会(アメリカ)認定講師

日本トラディショナルオステオパシックカレッジ 理事    

 

こんにちは。

大阪の高槻市でオステオパシーによる治療院を営んでおります、東山 裕紀(とうやま ゆうき)と申します。

様々な症状でお悩みの皆様に少しでも早く症状を改善するのをサポートし、できなかった事ができるようになる、そして毎日を楽しく過ごせるようになっていただくのが私の目指すところです。

さらに、このオステオパシーと言うものを通し、より沢山の方々に今悩んでいる症状が消え日々の生活の質が向上するのはもちろん、自分の身体の事、痛み、食事の事など、そして自分自身に対する考え方が少しずつでも変わってもらうことが広まればと思っております。

 

オステオパシーって何?

まず簡単に、オステオパシーとは

 

人が持つ痛みやあらゆる症状に対し身体を検査し問題のある所を治療して

 

あとは母なる自然に身をゆだね回復するのを待つ・・・このような哲学で治療を行います

 

人の身体の持つ力というのは本当にすごいものがあります!

 

  

ここではオステオパシーとは何か、オステオパシーの考え方、その歴史について説明させて頂きます。

 

オステオパシー(Osteopathy)は1874年にアメリカ人医師、アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された一つの医療体系であり、その語源はギリシャ語の「骨」を意味するOsteon(オステオン)と、「病・療法」を意味するPathos(パソス)からなる造語です。

(歴史に関しては後半で)

 

このOsteonとは、単に「骨」という意味だけではなく、「生命体の構造」という意味を持っています。つまりオステオパシーとは「生命の構造体に対する療法」と言う事を意味しています。

 

オステオパシーは人間に本来備わっている自然治癒力、自己調整能力を大切にしています

 

風邪をひいたり、怪我や痛み、身体の不調などが起こったりしても何もせず放っておいても自然に治る事もあります。

 

それが自然治癒力・自己調整能力が正常に働いた時です。

 

 

しかしその力は体を構成するすべての組織や器官が正常な位置にあり調和が取れた状態で機能していなければなりません。

 

我々(オステオパシーを実践するもの)は患者さんの身体の訴えに耳を傾け、問題となっている所を元の状態に戻すことで正常な力を取り戻させるようにするのです。

 

 

当院で施術を受けられて今まで悩んでいた症状がよくなったと多くのお喜びの声を頂いております。

 

1860年頃、医師であったアンドリュー.T.スティル博士は当時流行していた髄膜炎により自身の3人の子供を亡くしています。

 

また当時、同じ病気で手厚い医療を受けたにもかかわらず亡くなってしまう人がいる一方で、医療どころか看護すら受ける事もままならなかった人が回復していく事実に疑問を抱き人体に関する広範囲な独自の研究を始めていきます。

 

そこで関節の痛みなどの異状を訴える患者を丹念に調べてみると、必ずどこかに正常な働きをしていない関節があることに気付きました。

 

その後、研究を重ね関節を正常な位置に戻す方法を考案し患者に施すと、痛みにだけでなく内臓疾患や伝染性疾患にまで驚く程効果がありました。

 

そのことはその当時の記録(カルテ)により証明されています。

 

 

 

そして10年の研究の結果、1874年にオステオパシーを発表します。

 

しかし、当時の医学界からは強い抵抗に合い、受け入れられる事はありませんでした。

それでもスティル博士は自分の信念を貫き通し、全米をこのオステオパシーにより治療して周りました。

 

そして最終的にミズーリ州のカークスビルという小さな田舎町に辿り着きました。

すると、全米中からそこへスティル先生の治療を求めて人々が集まったのです。

 

そして、そこには駅ができホテルがや食堂などができるまでになりました。ついには1892年に世界で最初のオステオパシーの医科大学(American School of Osteopathy)を設立し、現在もなお『A.T.Still University』として存在しています。

 

現在アメリカにおいてオステオパシーは医学として公認されており、医大を出て医師国家試験を合格したのち医師としてオステオパシー手技治療も含め投薬や手術などのすべての医療行為が許されています。

 

アメリカ以外にもヨーロッパ諸国やロシア、カナダ、オーストラリアなどで教育や研究が盛んに行われ、先進国の多くは国家資格として認められています。

妊婦・産後の方に対するオステオパシー

妊娠中にはつわりやお腹のはりや腰の痛みなどの様々な症状が現れることがあります。

 

そして産後にも分娩時の影響による症状がよく現れます。

 

当院で行うオステオパシーでは妊娠中の様々な痛みやその他の症状の解消も含め

 

安産に向けた身体全体のトリートメントや

 

産後のケアまでトータルで対応する事が出来ます。

 

妊娠すると胎児の部屋である子宮が段々と大きくなっていきます。

 

その時に骨盤を始め内臓や身体の様々な所に硬さや動きの悪さ、歪みなどの正常でない状態があると身体がうまく対応出来ず子宮が大きくなるのを妨げてしまい、結果としてつわりや腰痛などの症状が出てきます。

 

またそのような状態では逆子になりやすくなったり切迫早産になりやすくなったり、陣痛がなかなか来ず予定日よりも遅れてしまったり、難産になってしまう可能性もあります。

  

オステオパシーでは妊娠初期から後期にかけてそれぞれの時期に合わせた考え方、施術方法があります。

 

さらに、出産後に体調を崩されてもお子様の事で手がいっぱいになり自分の事はどうしても後回しになってしまいがちな中で、早い内から調整をすることはとても大事であり、心身ともに快方に向かうことで余裕ができ、結果より良いお子様との生活が望めます。

 

当院で行っている産前、産後の施術によりとてもたくさんの方にご好評をいただいております!

 

妊娠中の様々な症状、お悩み、出産後のケア、産後うつ、など何でもご相談下さい。

 

赤ちゃん・子どもに対するオステオパシー

大人になってくると怪我をしたり年齢とともに色々な所に負担が来て痛みや症状が出るのは分かるけれど、赤ちゃんや子供に治療って必要なの?と思われる方もいるでしょう。

 

実は小さなころから身体を調整しておくということは大事であり非常にいい効果も期待できます。アメリカでは生まれた時から1か月に1回オステオパシーの施術を受け続け80歳を超えるまでずっと健康だった女性がいたという一例もあります。

 

赤ちゃんや子供でも身体のどこかに問題(関節などの硬さやねじれ、圧迫、ズレ)がある子はたくさんいます。

 

そしてそのような状態であると結果として様々な症状が表れます。

ひどい夜泣き、乳吐き、言葉などの発達が遅い、ひどい湿疹、よく風邪をひく、夜尿症、てんかん、元気がない、原因不明の体の痛み、早い内からの肩こりなど現代の子供は様々な症状を持っていることがあります。

 

それには生活習慣を見直したり、食事が非常に大切である事はもちろんですが、身体内に閉じ込められた問題を取り除くことで大きな変化が現れます。

 

人は生きていく中で色々な外傷(捻挫、打撲、骨折、手術、精神的な外傷(トラウマ)など)を受けます。

 

実は人が一番最初に受ける外傷というのは、お腹の中にいるときもしくは出産の時に受けるのです。お腹の中にいるときにお母さんの子宮が上手く大きくならずに圧迫を受けたり、出産の時に狭い産道を通る際に首や頭、背中、手足にねじれや圧迫が加わる事で身体に問題を作ってしまいます。

 

そしてそれが原因で様々な症状が引き起こされたり、暫く経ってから何かしらの症状が出てきます。産まれてから2歳ごろまでの子供の頭の骨は完全な骨にはなっていなくとても動きやすい状態なので、完全に骨になった大人に比べ非常に治療効果が表れやすいので早い内からの治療がとても有効です。

 

私自身の経験の中で、子供の身体の中にある力(治癒力など)は本当にすごいものがあります。

 

お子様のお体の事で不安なことお悩みなどあれば一度ご相談ください

高槻の整体で行うオステオパシー通常施術につきまして

高槻で人気の整体院・オステオパシー いざなぎで行うオステオパシーは、肩こり・腰痛・冷え性等、体の不調に対して効果を期待できる施術です。患部だけを治すのではなく、全身を評価して原因を究明し、痛みや不調を根本から改善へと導いていきます。「手術が必要と言われたヘルニアが、施術を受けて手術が不要になった」等、多くの患者様から大きな変化を実感される喜びの声が届けられることが特長です。
料金は1時間8,000円(税抜き)、40分5,000円(税抜き)となっており、自費治療となります。初回は十分な問診と全体検査・説明等を含むため、1時間のご予約をお取りいただいています。全身バランスを診てほしい、体を根本から見直したい等のご要望にお応えしますので、ぜひ一度足をお運びください。

高槻の整体ならつわり等の妊娠中のつらい症状にも対処可能

高槻の整体院・オステオパシー いざなぎでは妊娠中の方のための施術を行っており、体の歪みを解消してバランスを整えることで、つわり・お腹のはり・腰の不調等を改善へと導き、安全な出産に向けた体の調整・生活のサポートを提供しています。骨盤をはじめ体に歪みがあると、つわりや腰痛等を発症しやすくなる上に、体の歪みによって子宮が傾いたり硬くなったりして胎児が圧迫されてしまうこともあり、注意が必要です。
施術では、子宮の大きさ・正常な位置にあるか・硬い所は無いか・子宮を圧迫している物はないか等を丁寧に確認し、問題を解決して正常な状態へ導きます。妊娠初期から後期まで、時期に合わせた専門的なアドバイスを提供しますので、完全予約制の整骨院に気軽にご相談ください。

高槻で整体を行う施術者のプロフィールをご紹介します

オステオパシー いざなぎを営む、東山裕紀(とうやまゆうき)は、体の痛みや不調でお悩みの方に、毎日を楽しく過ごせるようになっていただきたいと願い、治療院を開業いたしました。小学校から野球部に所属し度重なるケガに悩まされ、整骨院の先生の施術と体の使い方の指導に支えられた経験から、スポーツ診療の道を目指し今日に至ります。
オステオパシーに出会い、その考え方と確かな治療効果に徐々に惹かれ、協会の講師になるほど深く学びました。お腹の赤ちゃんから妊娠中の方、お年寄りまで治療することができ、内科的な症状・てんかん・運動能力の向上をはじめ、様々な体の不調に対応することが可能です。どこの医療機関でも治らない痛み等を抱える方は、ぜひご相談ください。

高槻の整体で実際に治療を受けた方からの喜びのお声

オステオパシー いざなぎには、幅広い年代の患者様からの喜びのお声が数多く届けられています。妊娠中の方からは「腰痛が軽減」「子宮環境が改善した」等、体の調整の効果や、安産の感想が寄せられています。産後のケアも好評で、骨盤の調整はもちろん、体のケアをすることで、心身の状態を快方に導いてきました。産後うつ等にも対応しておりますので、どんなことでも気軽にご相談いただくことが可能です。
高齢の患者様が抱える痛みや痺れにも、加齢だけではない原因がありますので、根本にアプローチすることで「体が楽になった」と高評価をいただいています。また、小さなお子様も関節の硬さや体のズレから、夜泣き・乳吐き等が引き起こされますので、お子様の体の不調でお悩みがあれば一度ご相談ください。

高槻の人気整体の交通事故治療では原因を突き止め不調を改善

オステオパシー いざなぎでは交通事故治療に対応しており、オステオパシーに加えて、独自の方法を用いて外傷特有の身体の状態を治療いたします。交通事故は車同士・自転車と車・バイクと車・自転車同士等、様々なケースがありますが、共通して言えることはとても大きな衝撃を体に受けるということです。大きな力が体内に残ることで、体の不調・高血圧・うつ等が引き起こされ、事故を境に体調だけなく人生が変わってしまう方も数多くいらっしゃいます。
病院で「治らない」と診断された症状についても、体を評価し事故の衝撃の影響と思われる兆候を発見し、体が正常に機能するよう手技を施すことで改善に導いた実績もございます。事故後の体調不良等でお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。